介護の現場において課題である事の一つに、介護職員が医療行為を出来ない線引き、というものが有りました。
しかし、現代の高齢化社会において、介護職員が喀痰吸引や経管栄養を行う必要性が出てきて、それが問題視されるようになってきました。そこで、平成24年4月から「社会福祉士及び介護福祉士法」が一部改正され、喀痰吸引等研修を受けた介護福祉士や介護職員は、「認定特定行為業務従事者」として、これまで許可されていなかった「痰の吸引」等の医療行為が出来るようになったのです。

喀痰(かくたん)吸引等研修は、介護職員が、一定の条件の下でたん吸引等の実施が可能となった研修です。
研修(実地研修含む)の修了によって、お勤めの施設や在宅サービスで喀痰吸引などを行うことが認められます。介護職としてのケアはもちろん、こちらの研修を受けることによって、さまざまな状況の利用者様のケアを行うことができます。

受講できる喀痰吸引研修が入ります。

受講申込みにあたり、下記の要件を満たしていることが必要です。
それぞれ、必要書類を提出して頂きますので、必ずご確認ください。

医療的ケア(たん吸引・経管栄養等)を必要とするご利用者様が確定していること
①のご利用者様が実地研修(基本研修の修了後に行います)に同意をしていること
実地研修を評価してくださる連携訪問看護事業所様が確定していること

■ 講義(概論):障害児・者や高齢者の地域生活を支える法制度等について学びます。
■ 講義(たんの吸引、経管栄養):たんの吸引、経管栄養の仕組みや手順等についての基礎知識を学びます。
■ 演習(たんの吸引、経管栄養):講義受講の後に、たんの吸引、経管栄養の実施手順のビデオの視聴等により、実地研修に臨むための基礎力を養成します。
■ 評価(たんの吸引、経管栄養):たんの吸引、経管栄養の各講義・演習の終了後、基礎知識が習得できたかどうかを確認するための筆記試験(各15分程度、択一式)を行います。筆記試験において総正解率9割以上が合格となり、実地研修へ進むことが出来ます。

基本研修修了後、施設や利用者の居宅等において、指導看護師の下、実地研修を行ないます。

本研修を修了した介護職員等が、特定の者に対してたんの吸引等を実施するためには、都から「認定特定行為業務従事者」としての認定を 受けるとともに、事業所等は「登録特定行為事業者」として登録をする必要があります。

ケアゲートカレッジによる喀痰吸引等研修(第 3 号研修)/講座受講申込書
・事業所様が受講申込みされる介護職員等とご利用者様をとりまとめてご記入下さい。申込書類一式のあたま紙となるものです。
必ず「申込研修日」欄(太枠)にて参加希望日を明記してください。なお、申込みが一方に集中した場合には、調整をお願いすることがございます。

平成 25 年度から東京都福祉保健局より研修事業実施に係る本人確認を行っています。
以下より 1 点を提出してください(コピー可)。
■戸籍謄本(又は抄本) ■住民票(又は住民基本台帳カード) ■在留カード等 ■健康保険証 ■運転免許証 ■パスポート ■年金手帳 ■国家資格を有する者については免許証又は登録証

必要事項を記入・押印後、原本を当会へお送りください。介護事業所、訪問看護事業所様は、それぞれコピーを保管してください。
※本紙は、原則として申込みごとの提出が必要です。

ご利用者様の署名・捺印が必要です(ご家族の代筆可)。

基本研修カリキュラムは、下記表のとおり講義(6時間)、演習(1時間)及び評価(個人差あり)によって構成されており、原則として全てのカリキュラムを受講いただきますが、受講申込者の研修修了状況等により受講する科目が異なります。

基本研修の評価(筆記試験)で合格した方のみ受講できます。実地研修は、施設や利用者の居宅等で、申請書に記載した特定行為(利用者にとって必要な科目)を実施します。指導看護師が3段階で評価を行い、すべての項目で2回連続「手順通りに実施できる」と評価されるまで、繰り返し実地研修を行います。

上記の「 研修カリキュラム」に定められた科目を受講していただきます。
なお、基本研修については受講免除者以外、すべてのカリキュラムを受講いただきます。実地研修については、申請書に記載された利用者に必要な行為となります。

受講者が経過措置対象者である場合やこれまでに特定研修を修了している場合に、基本研修が受講免除となる科目があります。
基本研修の受講免除科目については、下記の表とおりです。
受講免除となる科目がある場合は、「受講申込書」に御記入の上、必要書類(基本研修が修了している旨)を添付してお申し込みください。